サイトマップ
トップページ つぎは、このサイトの共通事項です。
①全てのサムネイル(小さい写真または図)は、拡大写真または拡大図のページにリンクしています。
②拡大写真または拡大図の画像部分へマウスカーソルを乗せたときに別の写真または図に入れ替わった場合は、
ピンク文字の部分が「別の写真または図」の説明です。
③文中からサイト内へ多数のリンクを張っています。外部リンクは明示しています。
     メニュー
ごあいさつ このサイト開設の背景とご挨拶
太田氏概説 平安時代以降の我が家の簡単な解説。下記『太田氏概説(PDF)』より情報量が多いです。
故地 平安時代から大正時代までに私の先祖が居住しお世話になった各地
先祖調査メモ 1.まえがき 予備知識が皆無の私が無謀にも調査を開始
2.調査開始の動機 先祖調査に駆り立てる感情を私に抱かせた経緯
3.調査手順 試行錯誤の連続
4.三つの幸運 動いてみたら多くの幸運に恵まれていることを実感
5.系図 家から消えてしまった系図を発見。後、祖父の弟宅でも系図を発見。
6.古文書の複写 訪問先で閲覧できた古文書など史資料の複写
先祖調査メモ用参考情報
(『史資料』にも同一コンテンツがあります。)
右記の他にも『特集』と同一のコンテンツがあります。
    
来迎院多宝塔銘文 多宝塔修復にかかる土岐氏と協力者(東條氏含む)一覧
宮本茶村 私の先祖調査に於ける恩人であり茨城県の偉人
常陸誌料 平氏譜(抜粋)  宮本茶村編纂『常陸誌料』のうち『平氏譜一』の一部 
鎌倉英勝寺 私の先祖の親戚の出張先。開基は德川家康側室の英勝院。
久昌寺 私の先祖の作品「義公木彫面」が現存。徳川光圀20歳と50歳の2面。
西山荘 徳川光圀の隠棲先。私の先祖を帯同。
鹿嶋神社と悪路王頭形 私の先祖徳川光圀の命で修理した悪路王頭形
常陸國那珂湊天満宮と
東條常言
天満宮と、その御神体制作者太田氏分家の東條常言。
水府系纂目録 水戸藩士の出自と履歴を集録した史料、すなわち系図集の目録。徳川光圀の発意で編纂開始。ご先祖が水戸藩士でしたら目録に氏名があれば系図が現存します。
往復書案一覧(抜粋) 徳川光圀の発意で編纂が開始された『大日本史』編纂記録のうち太田氏が含まれる往復書案のリスト
心越禅師と祇園寺 祇園寺は徳川光圀ゆかりのお寺
水戸黄門漫遊記  言わずと知れた黄門様徳川光圀が主人公となったフィクション 
慶應元年10月25日の一件
死刑申渡状および殉難者名簿
水戸9代藩主徳川齋昭没後に激化した天狗争乱に絡み水戸赤沼牢で発生した事件。水戸藩士にとって天狗争乱が藩史上最大の悲劇。
生瀬一揆(生瀬乱) 水戸藩による一村皆殺し事件。領民にとって最大の悲劇。
過去帳の一例 我が家の過去帳合計22枚のうちの1枚(ご参考用)
近況 旅行・出張先など
特集 HAM RADIO アマチュア無線のコーナー
東條太田城跡 我が家の二つの名字「東條」と「太田」の元となった故地
小石川後楽園 水戸2代藩主徳川光圀が整備。私の先祖彫刻が昭和20年まで存在。
花鳥風月 このサイトに散在している花、鳥などの写真を1月から順に並べたアルバム
近所の話題 横浜市金沢区と周辺地域の話題
我が家の愛猫 3匹の愛猫
護衛艦 海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」・「いせ」・「いずも」
金環日食 2012 2012年5月21日の金環日食  ほぼ中心食線上にて撮影
富士・箱根 富士箱根伊豆国立公園のうち富士山およびその周辺と箱根
飛騨白川郷と越中五箇山 世界文化遺産の合掌造り集落
黒部ダム 黒部川第四発電所の水源
富岡製糸場と草津温泉湯畑 草津温泉は素晴らしい泉質
中尊寺 奥州藤原氏の本拠地。世界文化遺産。
一乗谷朝倉氏遺跡 福井県で発掘と復元が進められている国の特別史跡・特別名勝・重文

中華民国 (台湾) 親日的 + 治安が良い + 料理が美味しい = 日本人リピータが多い
大韓民国 (韓国) 活力を感じる元気な国

米国の首都と州都 米国の首都と州都の変遷
米国の通貨 米国各州の記念クォーターなど、お金に関する話題。
ステーキ特集 T-ボーンステーキを含む米国NYとLAのステーキ
米国の標準時と時差ぼけ ET、CT、MT、PTなど標準時と、日本標準時との時差、時差ぼけ対策など。
米国のトイレ事情 体験報告です。日本のトイレはこちら。尿路結石の話題はこちら
米国のその他の話題 NYについて  NYの火災報知器  LAについて  LAのもう一つの話題
史資料 先祖調査メモの参考情報と同一コンテンツに加えて下記PDFファイル
太田氏概説(PDF) 1ページに収めたためHTML版『太田氏概説』より簡潔
太田氏系図(PDF) 常陸平氏東條氏から改姓した太田氏と東條氏に復した分家の系図
桓武平氏略系図(PDF) 常陸平氏東條氏流に重点
歴史年表(PDF) 専ら個人的興味に基づいて作成した日本史主体の年表
PDFへ変換前のスプレッドシートはこちら
リンク 主として相互リンクのサイトを紹介
お便り このページのメールアドレスを手入力してご発信下さい。スパム対策です。お手数をおかけして恐縮です。
Profile 自己紹介、平安時代以降の我が家の住所、在住期間等。
撮影機材 撮影機材のリスト
更新履歴 主要なアップデートのリスト
サイトマップ このページ
このサイトについて
常時 SSL (https): 2018年8月7日に対応しました。このサイトには個人情報の入力を求めるページは存在しませんが、SSLによる通信の暗号化がなされていない場合(httpの場合)、どのページを閲覧しているかの情報や、検索の画面で入力した情報を盗聴者に読み取られる可能性があるそうです。それをGoogleが問題視してGoogle Chrome 68で目立つ警告が表示されるようになりました。Internet Explorerの場合はSSL対応のサイトでは鍵マークが表示され、非対応のサイトでは表示されないだけですので気付きにくいですが、何れにしましても暗号化されている方が閲覧者にとって安全ですので対応しました。
★このサイトの動作は、IE11 (Internet Explorer Ver.11) とGoogle Chrome の最新版で確認しています。
★ディスプレイの水平サイズが1280 pixel 以上を想定してほとんどの写真の水平サイズを1024 pixel とし、且つ文字が写真より左右にはみ出ないように各ページを作成しています。
★文章は1行の文字数が多いと読み辛いため、写真がないページの多くは水平サイズを702 pixel にしています (例えばこのページ)。
★画面のデザインは、IE11の『文字サイズ = 中』で最適化しています。
大きな文字サイズで閲覧される場合でも、デザインは崩れますが改行して全文字を表示できます。
★原則として外部リンクは新しいウインドウを別のタブで開くようにしています。
したがって、ジャンプ先のサイトで深入りされても、そのウインドウのタブの「X」をクリックして閉じれば当サイトへ戻れます。
★内部リンクは同一タブのウインドウで開きます。直前のページに戻るには、つぎの方法があります。
①キーボードの『Back Space』を押すか、または各ページの左下にある戻るの部分をクリックしてください。両者の動作は同一です。
②PDFファイルの表示状態から直前のページへ戻るには、ブラウザの『戻る』ボタンをクリックして下さい。
ブラウザの種類、またはその設定によってはPDFファイルを開くと別画面になることがあります。その場合は、PDFファイルを閉じれば直前のページへ戻れます。
★一部のページで、年月日や期間の表示のために JavaScript にて閲覧者のPCの日時データを利用しています。したがって、閲覧者のブラウザで JavaScript の動作が停止されているか、またはそのPCの日時が狂っている状態では当該ページの日付や期間の表示がおかしくなります。しかし、日付表示以外が異常になることはありません。
★Google マップについて
Googleマップ 横浜市金沢区 をクリックしたとき、開いた画面の中央が意図する地点です。その画面で位置を移動させずにスケールで拡大したとき、画面の中央が意図する地点です。
個人の家や土地は、故意に位置をずらしています。それ以外の場合は、できるかぎり正確な位置を指定しています。
★このサイトの構成と記述は、私の先祖と関係した人物のご後裔に配慮しておりますが、私の先祖の立場で相手方を見ていますので気に障る方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、嘗て対立した相手方を攻撃するような姿勢はとっておりませんし、況んや全てのご後裔に敵対心のようなものは全く抱いておりませんのでご容赦いただければ幸いです。
しかしまた、第三者の立場で結構ですからご示唆をいただければ表現の修正等を検討いたします。
★先祖調査の進展に伴い先祖の事績が次々に判明して「私の先祖云々」という箇所が目立ってまいりました。しかし、私の先祖をひけらかすような意図は微塵もありません。逆に、よく読んでいただけますと我が家の凋落ぶりが分かってしまうことでしょう。先祖をひけらかしたりすれば『子孫のお前はどうなんだ』となるのは必至です。私は歴史に名を残すような仕事はしておりません。ただ、私がやらなければ埋もれてしまった先祖の事績のいくつかを掘り起こすことはできましたので、我が家の歴史には刻んでもらいたいと思います。
★全体的にしつこい内容になっております点はご容赦下さい。正確な記録を残したいということと同時に、自分用の備忘録的な側面もあるためです。申し訳ありませんが、しつこい部分は読み飛ばして下さい。
★このサイトの情報を教育にご利用の場合、記述内容の正確性については保証しかねますが、少なくとも故意に虚偽を掲載するようなことは一切行なっておりませんので、ご安心ください。
歴史上、複数の説が存在する場合、独善的に一説を採用しているケースがありますが、その場合は異説の存在を明示するように心掛けています。

戻る  トップページ>『サイトマップ』  『お便り
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.