東條太田城跡 虎口とみられる遺構 下から南西方向

『東條太田城跡 虎口とみられる遺構 下から南西方向』 茨城県稲敷市下太田 Googleマップ 東條太田城跡 永暦元年(1160)頃~天正18年(1590) 約430年間在住 2014年10月11日撮影
カメラ機種名: Canon EOS 5D Mark III, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 8.0, シャッター速度: 1/320, 測光方式: 評価測光, 露出補正: -1/3, ISO感度:200, ホワイトバランス: オート, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 弱め, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 標準, 周辺光量補正: する,色収差補正: する
レンズ: EF24-70mm f/2.8L II USM, 焦点距離 24.0mm, 画像サイズ: 5760x3840を1024x683にリサイズ


画像にマウスカーソルを置くと、『余湖くんのホームページ』の余湖さんが描いて下さった東條太田城跡の鳥瞰図に赤い矢印を置いて大まかな撮影場所と撮影方向を示す図に入れ替わります。
掘り下げたような場所へ降りてきました。来た方向を見上げています。
虎口とみられる場所は背後です。浸入した敵は、この場所で上にいる東條氏方から矢を射かけられることになります。
前方、左右の上から矢が降ってくるのですから、私だったら、こんな場所へ攻め込む気にはなれませんが、『容易く落城した』ということは『衆寡敵せず』状態に陥ったようです。

それにしましても、伐採された大量の孟宗竹を見ますと、整地作業の困難さが想像できます。
この場所は東條太田城跡落城後、上の平坦部が畑として利用されていた時代を含めて何百年も放置されていたのではないでしょうか。その間に孟宗竹の広大な竹林が形成されたと思われます。

虎口とみられる遺構の全景はこちら。2016年の全景はこちら。虎口の核心部はこちら。核心部に分け入った写真はこちら。再び上に上がって西方向を見た写真はこちら
この場所を大手と仮定して、搦手とみられる場所はこちら

外部リンク
美浦村お散歩団お城歩き稲敷郡域東条城(太田城)
余湖君のホームページ茨城県の城址稲敷市(旧新利根町)東条城
各地区公式サイト: 茨城県稲敷市

戻る  トップページ>『故地』>『東條太田城跡 Since 2014』>『虎口とみられる遺構 下から南西方向
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.