東條太田城跡 Since 2014 圏央道 江戸崎PA

『圏央道(首都圏中央連絡自動車道) 江戸崎PA(外回り側)』 茨城県稲敷市 Googleマップ 東條太田城跡 2014年10月11日 12:53:34撮影
カメラ機種名: Canon EOS 5D Mark III, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 2.8, シャッター速度: 1/2500, 測光方式: 評価測光, 露出補正: +1/3, ISO感度:100, ホワイトバランス: オート, AFモード: ワンショット AF, 測距エリア選択モード: 領域拡大AF:周囲, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 弱め, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 標準, 周辺光量補正: する,色収差補正: する
レンズ: EF24-70mm f/2.8L II USM, 焦点距離 24.0mm, 画像サイズ: 5760x3840を1024x683にリサイズ


約束の地、東條太田城跡へ向かっています。
横浜の我が家 ~ 湾岸線杉田ICから高速へ ~ 東京を通過して常磐道へ ~ つくばJCTで牛久方面へ分岐して圏央道に入りました。稲敷市M様との現地集合の時刻には少し早いので、ここで時間調整です。
圏央道の、この路線は利根川を渡った神崎(こうざき)(千葉県香取郡神崎町)まで2014年4月12日に開通しました。ここ江戸崎PAのオープンは2014年7月11日15時でしたので、施設がまだピカピカです。
2015年6月7日17時、神崎ICと大栄JCT間が開通しました。これで常磐道と東関道がつながって、横浜から稲敷へのアクセスがますます楽になりました。

東條太田城跡は、Googleマップのルート検索で『稲敷東』で降りるのがベストと知ったものの、カーナビは今年9月にデータを更新したにもかかわらず一つ手前の『稲敷』より先が未開通となっていて、『稲敷』で出るルートを設定せざるを得ませんでした。結果的には『稲敷東』で降りてもカーナビは臨機応変に対応してくれましたが、データ更新を早くして欲しいです。
Googleマップのルート検索は今回初めて使いました。私でも直感的に操作できるし、データの更新が早いし、渋滞状況によって最適ルートを選択・推奨してくれるし…で、素晴らしいです。
じつは、出発直前のルート検索では常磐道の渋滞情報によって東関道経由を推奨されたのですが、守谷SAのとん汁定食を食べたかったので敢えて常磐道経由で来ましたところ、少しですが渋滞にはまりました。Googleマップのルート検索は信頼性が高いです。なお、先祖調査のため茨城県へ通うようになった1997年から守谷SAのとん汁定食を毎回いただいております。
この圏央道建設によって隠滅する遺跡がいくつかあったようで残念ですが、しかし、私にとりましては利便性の面でありがたいです。
我が家から東條太田城跡まで、往路は若干の渋滞と時間調整のため2時間強、復路は2時間弱でした。

外部リンク
美浦村お散歩団お城歩き稲敷郡域東条城(太田城)
余湖君のホームページ茨城県の城址稲敷市(旧新利根町)東条城
各地区公式サイト: 茨城県稲敷市

戻る  トップページ>『故地』>『東條太田城跡 Since 2014』>『圏央道 江戸崎PA
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.