測定器の一部

『測定器の一部』 我が家 JCC: 110108 Googleマップ 金沢区富岡西 昭和55年(1980)5月4日撮影
上が自作ミリワットパワー計で、スレッショルドレベル(整流(検波)開始の閾値)が低いショットキーバリアーダイオード ISS16 を使っています。
周波数範囲: DC~500MHz, 測定範囲: 1mW~1W

右はリーダー電子社製 Model LPM-8800という終端型パワー計です。40年間使ってきましたが整流(検波)のダイオードが壊れてしまったようです。メータの振れが半分くらいになってしまって、100Wのはずなのに30W程度を示すようになりました。ダイオードの外観に異常は見られません。型番が分からず困りましたが、ミリワットパワー計で使った ISS16 がカラーコードと外観寸法が全く同じですので、これだ!と勝手に断定して交換しました。偶然、ISS16が使われていたようです。
周波数範囲: 1.8MHz~500MHz, 測定範囲: 0.1W(最小目盛)~150W(80W超は30秒以内)

ミリワットパワー計の下は自作NF (Noise Figure) メータです。NF メータは、受信機の感度や自作したプリアンプの特性を測定するためにノイズ発生用真空管を入手して作りました。この真空管はSylvania社の5722という2極管で、アノード(プレート)に流す直流電流に比例したホワイトノイズを発生させることができます。MT管ですのでVHF以上では絶対値の信頼性は乏しいですが、受信機の感度が以前より良くなったか否かは明確に分かります。5722の写真はこちらこちらの430MHz用ローノイズプリアンプも、このNFメータで測定して効果を確認しました。

ミリワットパワー計の向こうには、三田無線研究所のミニブリッジが見えます。これはインピーダンスブリッジで、抵抗器の直流抵抗値はもとよりコンデンサ(Capacitor)の容量、コイルのインダクタンスが測定でき、測定範囲が広くてたいへん有用です。ただ、私のものだけかもしれませんがメータの針を振り切れさせると、ストッパーにくっついてしまって手でコンと叩かないと針が戻らないのが難点です。

三田無線は、グリッドディップメータでも有名です。その写真はこちら。じつはFETでディップメータを作ったのですが、その校正のために三田無線のこれを買ってしまいました。自作した意味がありませんね。

この頃は測定器を充実させることに注力していました。製作したSWR計はこちら

外部リンク: JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)  JA1YJY 横浜鶴見クラブ  QRZ.com(JA1POP)  QRZCQ.com(JA1POP)  総務省電波利用ホームページ>…>無線局等情報検索「アマチュア局」JA1POP 固定局JA1POP 移動局

戻る  トップページ>『特集』>『HAM RADIO』>『測定器の一部
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.