コネクタのリード線にフェライトビーズを挿入

『【対策⑥】 コネクタのリード線にフェライトビーズを挿入』 我が家 JCC: 110108 Googleマップ 金沢区富岡西 撮影日時 2017/07/16 14:23:23
カメラ機種名: Canon EOS-1D X Mark II, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 13.0, シャッター速度: 1/250, 測光方式: 評価測光, 露出補正: 0, ISO感度: 51200, ホワイトバランス: オート(ホワイト優先), ピクチャースタイル: ディテール重視, 測距エリア選択モード: スポットAF, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 標準, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 強め, 周辺光量補正: する,色にじみ補正: する, 歪曲補正: する, 画質: RAWをJPEGに現像
レンズ: EF100mm f/2.8L Macro IS USM, 焦点距離: 100.0mm, 画像サイズ: 5460x3640を1024x683にリサイズ


写真にマウスカーソルを乗せると説明が表示されます。

GND以外の全リード線をFB801-43に通しています。すなわち、PTT、UP/DOWN、電源等もフェライトビーズを通過させています。マイクライン以外にまで、なぜこんなことをするかと申しますと、マイクケーブルはマイクラインのみがシールド線で、それ以外は普通のビニール線が束ねられているだけです。外周にシールドが施されていません。したがって、PTT、UP/DOWN、電源等の全ての線に高周波が乗ってスタンドマイク内のマイクアンプへ逆流してきます。GNDラインにも高周波は乗りますが、GNDは浮かせない方がいいのではないかと判断しました。
さらに、マイクラインには念を入れて FB801-43にΦ0.1mmホルマル線10回巻を追加挿入しました。

外部リンク: JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)  JA1YJY 横浜鶴見クラブ  QRZ.com(JA1POP)  QRZCQ.com(JA1POP)  総務省電波利用ホームページ>…>無線局等情報検索「アマチュア局」JA1POP 固定局JA1POP 移動局

戻る  トップページ>『特集』>『HAM RADIO』>『回り込み対策』>『コネクタのリード線にフェライトビーズを挿入
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.