上面パネルのアルミ板をGNDに接続

『【対策①】 上面パネルのアルミ板をGNDに接続』 我が家 JCC: 110108 Googleマップ 金沢区富岡西 撮影日時 2017/07/16 14:43:19
カメラ機種名: Canon EOS-1D X Mark II, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 13.0, シャッター速度: 1/250, 測光方式: 評価測光, 露出補正: 0, ISO感度: 16000, ホワイトバランス: オート(ホワイト優先), ピクチャースタイル: ディテール重視, 測距エリア選択モード: スポットAF, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 標準, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 強め, 周辺光量補正: する,色にじみ補正: する, 歪曲補正: する, 画質: RAWをJPEGに現像
レンズ: EF24-70mm f/2.8L II USM, 焦点距離: 61.0mm, 画像サイズ: 5442x3628を1024x683にリサイズ


写真にマウスカーソルを乗せると説明が表示されます。

アドニス製 AM-308というスタンドマイクです。悉く金属部が浮いているため、回り込み対策として、まず上面パネルのアルミ製化粧板をGNDに接続しました。
「MODEL AM-308」の "E" の文字の上にビスの頭があり、その部分で化粧板をGNDに接続しています。このビスはケース内でマイクアンプの基板のGNDパターンに接続しています。GNDへの接続の仕方はこちらの写真で説明しています。
コンデンサーマイクのケーブルが通過しているフレキシブルパイプはGNDに接続することがかなり困難ですので今回は諦めました。しかし、フレキ部分にマイクヘッドを含めると20cmほどの長さがありますので高周波が乗っているのは確実です。例えば、Φ8mmのクランプでフレキ下部を挟み、先端が尖ったビスを打ち込めばGNDすることができますので、そのうち実施したいと思います。

外部リンク: JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)  JA1YJY 横浜鶴見クラブ  QRZ.com(JA1POP)  QRZCQ.com(JA1POP)  総務省電波利用ホームページ>…>無線局等情報検索「アマチュア局」JA1POP 固定局JA1POP 移動局

戻る  トップページ>『特集』>『HAM RADIO』>『回り込み対策』>『上面パネルのアルミ板をGNDに接続
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.